公認会計士試験勉強

公認会計士試験の概要

公認会計士試験受験生の私が自分の為に調べた情報を、せっかくなのでブログに載せておきます。

公認会計士試験の仕組み

 公認会計士になるためには3つの試験に合格する必要があります。マークシート方式の一次試験、論文筆記方式の二次試験、2年以上の実務経験と指定の講習を修了して受験できる修了考査の3つです。3次試験の修了考査を受験するのは先の話なので一次と二次試験の情報について記載します。

日程と費用

 例年、一次試験は年2回の5月と12月に行われ、二次試験は年一回の8月に行われています。しかしコロナウイルスの影響により令和3年の一次試験は5月の一回のみになってしまいました。(令和3年公認会計士試験の実施に関わるお知らせ)
 公認会計士試験の受験料は19,500円です。これは一次試験と二次試験の両方を同時に収める仕組みとなっています。

受験資格と受験科目

  結論から言うと公認会計士試験に受験資格はありません。年齢、学歴、実務経験等は一切求められず、過去には高校生で2次試験に受かる人もいます。(高校生合格者のニュース)
 受験科目は一次試験が ①財務会計論 ②管理会計論 ③監査論 ④企業法の4科目、二次試験が ①会計学 ②監査論 ③企業法 ④租税法 ⑤選択科目の5科目です。

試験科目の出題範囲と公式HP

 公認会計士試験の受験科目は「令和2年公認会計士試験の出題範囲の要旨について」で確認することができます。出題範囲の情報は毎年発表されているので自分が受験する年度の出題範囲は常に注目しておきましょう。
 公認会計士試験のより詳細で最新の情報は公認会計士・監査審査会のHPで確認してください。

自分で調べた情報をザッと書いてみました。情報の誤りなどがありましたらご指摘ください。
 

-公認会計士試験勉強
-,

Copyright© かみなべブログ , 2020 All Rights Reserved.