未分類

日本を買い叩け、ドラマ「ハゲタカ」が面白かった

 外資系投資ファンド「ホライズン・キャピタル」のマネージャー鷲津政彦が2000年前後の疲弊した日本企業を次々と買収していくストーリー。会計士試験の勉強に疲れた時に見て、大いにやる気が回復したのでオススメします。

「ハゲタカ」のあらすじ

 バブル崩壊後の日本に降り立った外資系ファンドマネージャー、鷲津 政彦。徹底的な合理主義で不調の日本企業を次々と買収していく様を、人々は侮蔑を込めてハゲタカと呼んだ。

 一方で「ハゲタカ」とは対極的に、古いしがらみに苦しみながらも日本企業に手を差し伸べる銀行マン、芝野 健夫。のちには企業再生家として独立し、自分の信念を通していく。

 対極的な2人から、日本企業にとって本当に必要な支援は何かを考える作品。

「半沢直樹」好きへのススメ

「ハゲタカ」にはバルクセール、ゴールデンパラシュート、TOB、EBOなどの専門用語が数多く登場します。金融や経営を勉強している人だけでなく、ドラマ「半沢直樹」のストーリーにワクワクした人は特に楽しめると思います。

 不調の企業を買い漁るハゲタカは本当に人でなしなのか。皆さんはどう思うでしょうか?

-未分類

Copyright© かみなべブログ , 2021 All Rights Reserved.